私の自閉症に対する捉え方

「自閉症だからできない」のではなく、
「自閉症に合わせた教え方をしていないから、できない」

自閉症は脳の機能障害です。
欠損していたり、働かないわけではありません。

脳の使い方が定型発達の人とは異なっているのです。
だから周囲の情報に対する注意の向け方、捉え方、整理の仕方に違いがあります。
その結果、定型発達の人たちと同じ方法で、学習することが苦手なのです。

自閉症を嘆くなら、
その人に合った教え方がされていないことを嘆いた方が良い。

学習の仕方は一人ひとり違う。
その一人ひとりの違いにどれだけ近づけるかが、求められている。

コメント

このブログの人気の投稿

【No.1358】体軸が育つ前の子と、育った後の子

【No.1391】『発達障害治療革命!』を読んで

【No.1364】『療育整体』を読んで