⑦私が性教育の重要さを訴える理由

私は、どんな子どもたちも、性被害者になってほしくありませんし、性加害者になってほしくもありません。
しかし、性被害、性加害にならないためだけに、性教育の重要さを訴えているわけではありません。

性について正しい知識や技能を身につけること。
これ自体は、社会の中で生きていく上で重要なスキルです。

でも、性教育を突き詰めていけば、
自分と他人の身体を大切にすること
自分と他人の気持ちを大切にすること
自分と他人の命を大切にすること
につながっていくのだと考えています。

性を楽しむ人生は難しいかもしれません。
でも、自分の性を大切にできる人生を送ることができると思っています。

性について前向きに考えられることは、生について前向きになれること。
せっかくこの世に生まれてきた命。
子どもたちには、いつまでも自分の命を好きでいてほしいじゃないですか!

コメント

このブログの人気の投稿

【No.1364】『療育整体』を読んで

【No.1358】体軸が育つ前の子と、育った後の子

【No.1369】心から治ってほしいと思っている人はほとんどいない