2015年8月7日金曜日

内省を続けても変化が見られないときは

内省とは、自分の行動や考えを深く顧みること。
そういう意味では、カウンセリングを受けるのも、当事者会に参加するのも、居場所のような場所で過ごしたりするのも、ブログを書いたりするのも、内省という側面が強いといえる。

内省を通して、自分自身が癒され、次のステップへと進んでいける人も多くいると思います。
自己分析の結果、自分の悩みの根本がわかったり、自分の強み、弱みを知ることで活かし方が見えてきたりする。

でも、内省では次のステップへと進めない人もいるのは確か。
いくら自己分析を行っても、具体的にどうしたら良いかが表れるわけではない。
また、悩みの根本が本人のスキル不足なら自己分析をしても、現実的な改善はみられない。
自己分析は、自己肯定感を高めてはくれない。

何年も、何年も、自己分析ばかりしている人もいる。
そういう人たちは、自己分析という方法が合っていない、または相性が良くないのかもしれない。
もともと自閉症の人たちは、学びたい人たちだと思うので、具体的なアドバイスを貰えたり、一緒に動いてくれたりするような支援の方が相性が良いといえる。

長年、自己分析の支援を受け続けているが、まったく変化がなく、むしろ悪くなっている人からの相談を受け、このようなことを記してみました。

0 件のコメント:

コメントを投稿