2013年11月8日金曜日

自分の感情をコントロールする練習

自分の感情のレベルが分かるようになったら、それぞれのレベルでどのような行動をすればよいのか、を考えていく。
例えば、不快な感情のレベルが1のときは、「深呼吸をする」
その次の段階のレベル2のときは、「ボールを握りつぶす」
というように、各段階に達したとき、どのような行動をとれば、気持ちを落ち着かせられるか、を考えていく。
そして、最高レベルの段階に来る前に自分の感情を落ち着かせられること、つまり感情のコントロールができるような練習をしていく。

まず見えない感情というものを具体的な出来事に置き換えて確認していく。
次に出来事に順番をつけていくことを通して、感情のレベルを認知できるようにする。
そしてそれぞれの感情のレベルのときに、どのような行動をすれば良いか、を考えて実践していく。
大雑把な紹介となったが、このような過程を通して自閉症の人たちが自ら感情をコントロールできるように支援していく方法もある。
できれば、幼いときからじっくりと時間を掛けて、感情をコントロールする練習を積み重ねていくことが望まれる。
これからますます注目される支援の一つになると考えられる。

0 件のコメント:

コメントを投稿