2016年3月28日月曜日

「障害を持った人は不倫しない」という差別

障害を持っている人だって不倫しますよね~。
そりゃあ、人間だもの。
ご本人がコメントしているように、迷惑をかけることもあれば、裏切ることだってありますよ。

障害を持った人のことを「心のきれいな人達」「純粋な心を持つ」などと表現する人っていますよね。
中には「障害を持った子どもは、天使です」なんて言うトンデモの人もいる。
こういう人には、障害を持った子ども達に関わってほしくないですね。
そもそも育てる力がないでしょうし。

他人から「あなたは純粋ね」「天使のようだね」と言われたら、どう思いますかね?
これって称賛しているようにも聞こえますが、別の側面から捉えると、「あなたは未熟者」と言われているのと同じではないでしょうか。
何だか「そのままで良い」と言われているようにも感じるので、私だったら不快にしか思わない言葉ですね。

障害を持って生まれてきた人って、「天使になりたい」と思っているんでしょうか。
身体に不自由のある人、言葉でうまく表現できない人、知的障害を持っている人、生きるだけで精一杯の人もいます。
でも、誰一人、天使になろうと思って生きているのではないですよね。
人として成長していきたいだろうし、自分でできることも増やしていきたい。
自分の人生をより良いものにしたいと必死に生きているのではないでしょうか。
実際は、他人からの手助けがないと生活できないという人も、手助けや介護を受け続けることを良しとは思っていないはずです。
できることなら、手助けや介護を受けなくても、生きていけることを望んでいると思いますね。

「自閉症の人は嘘をつかない」とか言うトンチンカンもいますが、自閉症の人も嘘つきますよね。
自分を守る嘘をついたり、言い訳だってしますよ。
だまして利益を得ようとすることも、トラブルや犯罪を起こすこともあります。
性欲だってありますね。
当然ですよ、私たちと同じ人間なのですから。
様々な感情と欲を持つ生身の人間なんです、障害を持った人も。

障害を持った人に対する差別に憤っているくせに、自分たちも障害を持った人を差別している。
それが「純粋」「心がきれい」「天使」と言う人達なんですよ。
きっとこういう人達は、障害を持った人に対して引け目を感じているんだと思いますね。
自分の無力さや諦めの気持ちから、せめて心だけでもきれいと言いたい人もいるんだと思います。
でも、やっていることは差別ですし、本人たちが望んでいることではありませんね。

私は、障害を持った人が不倫をしても不思議に思われない世の中になった方が良いと思いますね。
もちろん、不倫OKと言うつもりはありませんが。
そういった意味では、今回の件は歪んだ障害者観を是正するのには良い機会だったと思いますね。
障害を持った人は天使ではなくて人間なので、過ちを犯すこともあります。
そして、過ちを犯せば、自分で償っていくのが自然な社会の姿だと思いますね。

2 件のコメント:

  1. ななつぼし2016年4月1日 22:14

    私はあの方を「体型が特殊な普通の人」と思っています。
    不便ではあると思いますが(^^;
    うちの次女はどちらかと言うと天使より悪魔でしたね(((^^;)
    いたずらをして「し~らないよ~」って顔でごまかすし(バレバレ)
    天使ならこんなに母をひどい目に遭わせないでしょう。
    今は落ち着いて天使っぽくなりましたが❤

    返信削除
    返信
    1. ななつぼしさんへ

      天使っぽくなったということは、本来の良い資質が表に出るようになった証拠ですね。
      心身の安定が娘さんらしさに繋がっているのだと思います。
      成人したあとも成長し続けるので、これからも娘さんらしさが全面に現れるような歩みを進めて頂きたいと思っています!

      削除