2018年12月31日月曜日

私の価値はご縁によるもの

昨日までに、すべてのご家庭へ報告書を発送することができました。
子どもさんの一日、一時間、一分は、かけがえのない時間であり、その瞬間に発達の息吹が詰まっていると思っています。
ですから、できるだけ早く、特にこのお正月休み、冬休みを親子の育み合いのより良い時間にしていただきたいと願っていますので、「どうにか年内に。いや、絶対に完成させる!」という思いで報告書を作成していました。
12月中旬くらいまでは余裕があったのですが、気がついたら大晦日って感じで、ブログを書いています。


2018年の始まりは、福岡出張で、最後が北海道の旭川。
ありがたいことに、函館以外のご家族、支援者から声をかけていただくことがあった一年でした。
依頼してくださることは大変嬉しかったのですが、そのたびに「どうして私なのだろうか」と思うのでした。


私は、今まで出会った子ども達や家族から教わったこと、素晴らしい実践家の皆さんから教えてもらったことを自分なりに咀嚼してお伝えしているだけです。
私自体に、何かスペシャルなものがあるわけではありません。
ですから、わざわざ交通費や宿泊費を負担して頂いてまでも、私がお伺いする価値があるのだろうか、と悩むことがありました。
実際、「ご家庭でできることがあります」「私を呼ばなくても、方法はあります」「小田原の方が近いですよ」「同じお金で、鹿児島に行けます」などお伝えし、ご依頼を取り下げていただいたご家族もいました。


改めて、こうして一年を振り返ってみますと、自分に価値があるから依頼があったわけではないのだと感じます。
そして、訪問したご家族、相談のやり取りをさせてもらったご家族が、みなさん、我が子を治し、より良い育みをされているから、私に依頼があったのだと思いました。
みなさんがどんどん治し、子どもさん達が伸びやかに成長していく姿を見せてくれるから、「じゃあ、うちも相談してみようか」となるのでしょう。
なので、私が持っているのは、素晴らしいご家族との縁だと考えています。


いろんな縁や経験、知見をいただいた一年でした。
いただいたものを、また次の人へ、新たなご家族へ、少しグレードアップしてお渡しするのが、私の役割のような気がしています。
私に依頼、仕事が来るのは、我が子の将来を世界のだれよりも真剣に考え、より良い子育て、発達の後押しをしたいと試行錯誤されている親御さん達と、日々、発達し、伸びやかな成長を見せてくれる子ども達のお陰だと思います。


皆さまのお蔭で、こうして一年間、仕事を続けることができました。
心から感謝申し上げます。
あと5時間ほどで、2019年を迎えますが、新年がもっともっと子ども達の笑顔と可能性で溢れる一年になりますようお祈りいたします。
良いお年をお迎えください!




0 件のコメント:

コメントを投稿