2017年6月15日木曜日

就学時検診を受ける前に知っておいてほしいこと

教員になりたての友人が、よく言っていました。
学校の先生同士の中にも差別意識があるって。
通常級の先生が上で、その次が支援級の先生、最後が支援学校の先生。


友人は保守的な地域で教員になったから、そんな風に思う教員もいるのかな、とは思いましたが、それが学校間の異動にも表れていると友人は言います。
通常級の先生が、支援級へ、支援校へ、異動希望を出せばすぐに通る。
だけれど、一度、支援学校に赴任したら、そこから支援級はもちろん、通常級なんてほぼ不可能、と。


そういえば、この友人以外にも、通常級と支援級で先生になりたい人、支援級と支援校で先生になりたい人は、入り口に気を付けないといけない、とみんな話していましたね。
まあ、もう10年以上前のお話なので、当時と状況は変わっていると思いますが…。
今では、センター機能と呼ばれている支援校の先生が、そのノウハウ、専門性を伝えるために、支援級へ異動することも活発になり、その力をいかんなく発揮され、支援級が見事に支援校みたいになっていますしね。


以前にも支援級について書きましたし、昨日も支援級から通常級へということを書きました。
その意図は、就学前にきちんと実態を知り、我が子の選択について考えて欲しいからです。
私の息子もそうですが、翌年の4月に就学する子は、秋頃に就学時検診があります。
ここで「発達障害が疑われる」と言われる子が、最近グッと増えた気がするのです。
知り合いの保育士さん達も同じことを言っていました。
ついこの前までは、そんなことは言われなかっただろう、と感じる子までもが、「発達障害の疑い」と言われ、「検査を」「診断を」「支援級へ」となっています。
特別支援という名称に変わったことや、よく耳にする「発達障害」という言葉によって、社会の受け取り方、認識のハードルが下がったからでしょうか。
それともリスク回避のために、早々と支援級を勧めているのでしょうか。
その理由は分かりませんが、どんどん就学時検診で引っかかる子が出てきている。


就学時検診で引っかかる子の中には、それまで発達障害と思われたり、気づかなかった子が少なくない状況です。
「そのとき(就学時検診)、初めて“発達障害”ということを知りました」と言われる親御さんは、私のところにくる方の中にも多くいるのです。
つまり、何の知識もない状態で、いきなり「発達障害」「特別支援教育」が突き付けられることもあるということ。
まさに丸腰で、特別支援という線路の前に、親子共々、突然立たされる、というようなものなのです。
ショックや悲しみなど、いろんな感情が渦巻く状態の親御さんに、特別支援という線路に「進みません」と言うことも、他の選択肢を選択することも難しい場合があります。
最初から「発達障害」と診断する病院を勧められているのですから、言われるままに検査に行けば、当然、正式な診断名を受け取ることになります。
もうその時点で、特別支援の線路の上を進んでしまっているのです。


冒頭でお話しした学校間の異動のように、支援級から通常級への転籍は、とても大変であり、難しいことなのです。
いくら本人が成長し、通常級で学べる準備が整っても、そちらの方がより良い学びの場になると本人も、親御さんも考え、希望したとしても、途中からというのは大変です。
ただ単純に、本人が成長し、治れば良いというお話ではありません。
そこには、学校という組織と文化、制度と対峙しないといけないのです。


通常級在籍の子が「発達障害の疑いかも」「支援級へ」と言われ、「このまま通常級で学んでいきたいんですけど」という依頼が私のところにきたときは、正直少しホッとします。
しかし、支援級在籍の子の親御さんから「通常級で学べるように支援してほしい」という依頼がきますと、私の身体の丹田に力が入るのです。
この依頼を受けるということは、より強い覚悟と胆力が必要になります。
当然、依頼を受ける私だけではなく、親御さんにも私と同じくらい、いや、それ以上の覚悟と胆力を求められます。


詳しいことは書けませんが、現在進行形で支援級から通常級を目指している方たちもいます。
本人の発達のヌケを育て直すだけでなく、支援級ルールの解毒、勉強する姿勢、足りない分の教科学習などを行う必要がありますし、それだけではなく、学校側へのアプローチもしていかなければならないのです。
何度、通常級から支援級へ行くのは、あっという間なのに、反対はこれほど大変なのか、抵抗に合うのか、と思ったか知れません。


結局、学校に入ってからでは、敷かれた特別支援という線路から降りるのは大変なのです。
多くの親御さんが、「就学前の進路選択のときに戻りたい」と言います。
そして、幼稚園、保育園にいる間に、発達のヌケを埋めておきたかったと言うのです。
ですから、就学時検診の前に、こういった事実を知っておいてほしいと思います。
もちろん、私が支援してきた子、見てきた特別支援、当地の様子がすべてではないと思いますが、それに近いことが、全国でまだ繰り返されているかもしれません。


私は、通常級でも、支援級でも、きちんとその子に必要な学校での学びが行われるのであったら、どちらでも構わないと考えます。
でも、どうも支援級の中には、「支援級から通常級へ」という雰囲気が感じられない、より良い学び、選択肢を、という熱が感じられない。
むしろ、できる子は、困難が多い子に合わせ、またお世話係になり、福祉の中でかわいがられる子、適応できる子が目標、目的、理想の子ども像であるように感じてならないのです。


まだ秋までには時間があります。
この数か月間でできることは多々あります。
学校に行って治すより、学校に行く前に治した方が良いです。
お子さんに発達のヌケを感じるのでしたら、そのヌケを育て治す方法があるのです。
全部治せなかったとしても、治りやすいところから治しておく。
そうしておくと、秋の就学時検診が違ってくると思います。


明らかに就学時検診の様子が変わってきています。
明らかに「発達障害の疑い」と言われる子たちが増えてきています。

0 件のコメント:

コメントを投稿